契約書

【契約書】

契約書とは、契約を交わす際に当事者間の契約内容を記載した文書のことを指します。法律上、契約書を必要とするものには、以下の契約が挙げられます。

 

〈契約書が必要なもの〉

・建設工事請負契約

・不動産売買契約

・金銭消費賃借契約

・保証契約

・金融商品取引契約

・消費者向けの売買契約

・探偵業務委託契約

・福祉サービス契約など

 

これらの契約の際は、契約書を交わさずに契約を進めることは法を破ることになるため、罰則が科される場合もあります。しかし、法律によって契約書の作成が義務付けられていない場合には、契約は口頭でも成立するため、契約書の作成をするかどうかは当事者に委ねられています。

ただ、当事者間のトラブルを避けるためにも、ビジネスの場面では契約書を使用することを推進している場合が大半を占めます。

トランクルーム、レンタル倉庫をお探しなら | 配送してくれる保管サービス、ストックマモル(Stock MAMORU)