BYOD(私的デバイス活用)


※「まもりの種」は保護(まもる)くんの日本パープルが運営しております。

【BYOD(私的デバイス活用)】

BYODとは、Bring Your Own Deviceの略で、社内に個人のコンピューターやタブレット、スマートフォンなどの情報端末を持ち込み、業務に使用することを言います。広義には日常的に私用で使っている端末で企業のシステムやデータにアクセスすることも意味します。

 

従来は、企業が従業員に業務用の端末を支給するのが一般的でした。しかし、BYODにより端末購入や通信にかかるコスト削減が可能になったのです。また従業員にとっても、端末を2台持つ必要がないというメリットがあります。 他方で、それぞれの端末の設定や使用するソフトウェアを統一することは難しく、企業情報の持ち出しやウイルス感染への対策が非常に複雑になってしまうことが考えられます。また、個人の端末であるため、アクセス制限や閲覧履歴の取得などは、プライバシーとの兼ね合いもあり徹底しづらくなります。