ナレッジマネジメント


※「まもりの種」は保護(まもる)くんの日本パープルが運営しております。

【ナレッジマネジメント】

ナレッジマネジメントとは、経営手法のひとつであり、個人個人が持つ知識(knowledge)や情報を、組織体で共有・管理することです。ナレッジマネジメントにより、社員1人1人が持つ知識や情報を有効活用することで、会社の成長や業績アップに繋げることができます。

 

ここで言う個人が持つ知識とは、テキストやインターネットから誰でも得られる情報だけでなく、それまでの経験や仕事で培ったノウハウのように、その人自身が独自に得た知識のことを指します。

このような知識・情報を共有することは、社員1人1人の能力を育成できるだけでなく、意思決定力の向上、業務改善、新しいアイディアの構築にも役立つと言われています。

 

このナレッジマネジメントを実現するにあたり、非常に重要とされているのが情報共有の方法です。有益な情報であっても、それらが適切に共有されなければ有効活用することができません。そこで効果的なのが、データベースの活用です。共有したい情報をデータベース上でカテゴリ別に整理し、社員がいつでもアクセスして情報を確認できる環境が理想的です。更に、各々が自由にデータベースに新たな知識を登録するシステムを作り上げれば、簡単に最新の情報を共有することができます。