法人向けトランクルームのおすすめサービス4選。自社に合った選び方のポイントとは?

「保管書類の量が増えてきた」、「コロナでオフィスを縮小し、収納スペースが減った」など、オフィスの収納スペースが不足し困っている企業も少なくないでしょう。常時使うことのない保管書類や年に数回しか利用しない物品が増えてしまうことにより、日々の業務に支障をきたしては元も子もありません。そんなお悩みを持つ企業は、ぜひトランクルームの利用を検討してみてはいかがでしょうか。本記事では、法人向けトランクルームの選び方や、おすすめのサービス4選をご紹介します。

トランクルームとは?

トランクルームとは個人や企業の書類、物品等を収納する貸し倉庫施設のことを指します。限られたオフィスの収納スペースで効率よく業務を進めるために、日々使わない書類や物品をトランクルームに預けている企業も多いでしょう。具体的には、イベント時のみ利用する器具や家具、オフィス移転時の一時預かり、普段の利用はないが保管が必要な資料や書類、海外転勤者の一時的な荷物の預かり、在宅勤務者の営業ツール(商品サンプル)の保管などに利用されているケースが多いようです。

しかし、トランクルームサービスを提供している会社の中にも様々なサービスがあり、どの会社を選べばいいのか迷うという声を多く聞きます。どのようなポイントで選べば良いのか。ここでは、法人向けトランクルームの選定ポイントを2つご紹介します。

法人向けトランクルーム選定の2つのポイント

法人向けトランクルームにはさまざまなサービスがあります。まずは下記2つのポイントから、自社に合うサービスを選定しましょう。

1. セキュリティ・耐火耐震対策

多くの書類が行き交う業務を行う企業では、社外秘の文書を数年にわたり保管することも多いでしょう。安全に保管するために、倉庫内に関係者以外の立ち入りは可能なのか、24時間監視システムがあるかなど、トランクルームの防犯対策がしっかりと行われているか確認することが大切です。また震災などの自然災害や、火災のリスクもありますので、耐震構造になっているか、万が一火災が起こった時の対応についてなども確認すると良いでしょう。

2. 用途に応じて選ぶ

保管文書のみの利用なのか、その他の備品も預けたいのかによって、自社に合ったトランクルームも異なります。預けたい物品が、温度や湿度の管理の必要性の有無を確認しましょう。またオフィスからの距離や、車での出し入れが発生する場合は近くに駐車場はあるのか、24時間出し入れができるのかなども事前に確認しておくことをおすすめします。

また、「預かる」という機能に加えて、荷物の運搬や預けた物品の一覧を専用のWebサイトから写真で確認できるサービス、配達サービス、廃棄サービスを提供している会社もありますので、どのような用途で利用したいかを明確にしておくといいでしょう。

【参考記事】【法人向け】オフィスの荷物を預けたい!トランクルームやレンタル倉庫の用途・ニーズ別利用方法を解説

おすすめの法人向けトランクルーム4選

次に、おすすめの法人向けトランクルームを4つご紹介します。

1. Stock MAMORU(日本パープル)

公式ウェブサイトURL:https://www.mamoru-kun.com/stockmamoru/

1972年創業で、大手企業の利用も多いサービスです。搬入・搬出、Web上で管理、配送、処分まで一括で対応しているのが特徴です。

■セキュリティ対策

  • ・耐震性が高い専用保管施設で保管。
  • ・大手セキュリティ会社による24時間監視体制。
  • ・関係者以外は倉庫内に立ち入り不可。
  • ・入退出を管理。

■サービスの特徴

  • ・専門スタッフが直接訪問し、梱包から発送まで手配。手間をかけることなくトランクルームに預けることができる。
  • ・専用のWebサイトから預けている物品を写真で一覧表示されるので、どの物品を預けているのか一挙に確認可能。(幅×奥行き×高さも計測されるため、Web上で確認できる)
  • ・Web上でほぼ全ての依頼が可能

■その他

  • ・預けている物品をWebより日本全国に配送依頼が可能。
  • ・保管が不要になった書類などを安全に廃棄依頼できる。

押入れ産業のトランクルーム(押入れ産業)

公式ウェブサイトURL:https://www.oshiire.co.jp/scene/office/

1987年創業。全国148拠点で事業を展開しており、一般顧客を含めると北海道から九州まで延べ40万人が利用。預ける物量に合わせ、コンテナのサイズが選べるのが特徴です。

■セキュリティ

  • ・防塵、防カビに優れた安全なコンテナを利用。
  • ・有人管理の倉庫内でコンテナを保管。

■サービスの特徴

  • ・引取・保管・お届けまで一貫したサービスを提供。
  • ・全国14ヵ所の倉庫でISO27001(ISMS)の認証を取得。
  • ・文書を一括で管理できる「WEBオーダーシステム」を提供。新規集荷から保管文書の破棄を同システム上で手配可能。午前中の依頼で当日のお届けが可能。
  • ・文書保管倉庫では関係者以外の入室を制限。

■その他

  • ・事前に連絡をすれば、途中出し入れや追加入庫などが自由に行える。

3. キュラーズのトランクルーム(キュラーズ)

公式ウェブサイトURL:https://www.quraz.com/

2001年創業。全国の主要都市に68店舗を展開。

■セキュリティ

  • ・ビル1棟まるごとトランクルームとして営業。
  • ・建物全体でセキュリティを一元管理。
  • ・防犯カメラの設置はもちろん、スタッフによる巡回監視あり。
  • ・建物入り口での入退館管理。
  • ・利用中のフロアのみのエレベーター制限。
  • ・スペース別の施錠。

■サービスの特徴

  • ・Boxタイプから10畳以上など、100以上のサイズバリエーションを用意。

■その他

  • ・最新の空調システムを全店舗で導入。収納フロア内の温度・湿度管理を徹底し保管物を守る。
  • ・ほぼ全ての店舗の敷地内に専用の無料駐車場を完備。
  • ・無料で利用可能なシャトルサービスあり(1回のみ、地域限定、往路のみ利用可能)。指定の日時にキュラーズ・シャトルが引取場所まで伺い、シャトルには1.6畳分の荷物を搭載可能。

4. バスターズロジテック

公式ウェブサイトURL:https://www.busterslogitech.co.jp/

株式会社バスターズロジテックが運営するサービスです。保管だけではなく、オフィス家具のレンタル、再生、買取、廃棄までトータルサポートする独自のサービススタイルが特徴です。

■サービスの特徴

  • ・保管だけではなく、オフィス家具のレンタル、再生、買取、処分までワンストップで対応。
  • ・預けている物品等は、専用サイトItem Cloudで確認が可能。

■その他

  • ・買取の実績は業界トップクラス。年間20,000社以上、商品数にして25万品以上の取引実績。

保管物の種類や取り出し頻度によって、自社に合ったサービス選びを

法人向けトランクルームには、専用のWebサイトで保管状況を閲覧できるサービス、ビル1棟まるごとトランクルームとして営業しているサービス、文書の預かりサービスに特化したサービスなど様々です。今回、ご紹介したポイントを参考に、預けたい物品の種類や、オフィスからの距離、取り出し頻度などによって、自社にあった法人向けトランクルームを選びましょう。

 

【資料ダウンロード】>>資料ダウンロード一覧

トランクルーム・貸倉庫を借りる前に知っておきたいよくある問題3選
トランクルーム、レンタル倉庫をお探しなら | 配送してくれる保管サービス、ストックマモル(Stock MAMORU)