2022年2月9日 お役立ち情報

これからのオフィス環境整備に向けて。荷物保管サービス4選を紹介!

新型コロナウイルス感染症拡大により、オフィスの在り方について見直す企業が増えてきています。リモートワークの普及により、今までと同じオフィス面積を維持する必要があるのか、またサイズの見直しだけではなくオフィスそのものの意義にまで踏み込んで検討することも多くなっているようです。

オフィスを縮小した後に、限られたオフィススペースで効率よく業務を進めるには、日々の業務の中で頻繁に利用しないものは荷物保管サービスに預けるのが便利です。本記事では、荷物保管サービス選定4つのポイントや、おすすめの荷物保管サービスを4つをご紹介します。

荷物保管サービスとは?

荷物保管サービスとは、利用頻度の低い販促物や資料、一定期間保管義務のある書類などを預かってもらえるサービスです。昨今では、単に荷物を保管しておくだけでなく、運搬から保管、廃棄まで一括で管理するサービスや、連絡一本で集荷・配達まで行うものもあります。このようなサービスを駆使することで、業務の効率化やスペース削減につながるでしょう。では、どんなサービスを選ぶと良いのか。物品保管サービス選定4つのポイントをご紹介します。

物品保管サービス選定4つのポイント

1.運搬も保管も廃棄も一社完結

運搬から保管、廃棄まで一社で完結型のサービスは、ユーザーが依頼をしてからスピーディに対応してもらえるので便利です。忙しい業務の中でスムーズに活用するため、問い合わせてからどれくらいの日程で対応してくれるのかを確認すると良いでしょう。また電話対応だけでなく、専用サイトなどからオンラインで依頼できるサービスもあります。

・運搬について

運搬を自身で行わないといけないのか、引き取りに来てくれるのか確認をしましょう。サービスによっては、運搬の際に梱包まで対応可能なものもあります。梱包に要する時間を削減したい場合、梱包サービスも対応している会社がおすすめです。

・保管について

ただ保管するだけでなく、預けた荷物を専用サイトからWeb上で確認できるシステムを提供しているサービスもあります。1アイテムごとの写真とサイズを記載して管理するサービスも存在し、何を預けているのか一目で確認できるのでとても便利です。

・廃棄について

保管期間が過ぎた物品や書類を廃棄することも多いでしょう。その際に預けている物品・書類を廃棄まで対応してもらえるのか確認しておくことをお勧めします。機密書類が含まれる場合は、セキュリティレベルもチェックしておきましょう。

2. 一括サポート

複数支店で利用する可能性のある物品を管理する場合、一括で管理のうえ必要となった際にそれぞれの支店へ必要数を配送してくれるサービスがあります。また連絡1本で希望先へ配送してくれるので、支店ごとに保管場所を確保する必要がなくなり、費用も削減できる可能性があります。スムーズな管理の方法を事前に洗い出しをしておくと良いでしょう。

3.セキュリティ

荷物を安全に預かってもらえるのか、セキュリティ面を確認しましょう。耐震対策もしっかりとなされているのかを確認すると良いでしょう。

物品保管サービスを最大限に利用するために、契約前に前もって上記のポイントを確認しておくことをおすすめします。

おすすめの荷物保管サービス

次におすすめの荷物保管サービス4選をご紹介します。(サービス内容は変更となる場合がございます。詳しくは各サービスのホームページ等でご確認ください。)

1.Stock Mamoru

URL:https://www.mamoru-kun.com/stockmamoru/

■ 運搬・保管・廃棄

  • ・運搬から保管、廃棄まで一括対応
  • ・搬入・搬出などほぼ全ての依頼が専用サイトから可能
  • ・預け入れ時に作業不要。梱包から対応
  • ・預けた荷物は入庫時に物品を確認しカメラ撮影を行う。専用のサイトから確認が可能。1アイテムごとの写真、サイズ(幅×奥行き×高さ)も記載されている
  • ・保管が不要になった荷物は廃棄も対応

■一括サポート

  • ・預けた荷物は、支店や店舗など、希望先へ配達依頼可能
  • ・専用サイトから簡単に依頼ができる。日本全国、複数場所でも配達調整可能

■セキュリティ

  • ・大手セキュリティ会社による24時間監視体制あり
  • ・関係者以外、倉庫内に立ち入りが不可。入退出管理あり
  • ・耐震性の高い施設で保管

2. キュラーズ

URL:https://www.quraz.com/

■ 運搬・保管・廃棄

  • ・荷物の積み下ろしは自分で行うが、1回のみ片道の無料シャトルサービスを利用し預ける荷物を運べる(対応エリアは現在、東京・神奈川・大阪の一部の地域)
  • ・保管する荷物に合わせて段ボール6箱分から対応可能
  • ・空調システムで、湿度を管理
  • ・無料駐車場有(一部店舗を除く)

■一括サポート

  • ・トランクルームの利用メインなので基本的に配達サービスなし

■セキュリティ

  • ・店舗スタッフが常駐
  • ・入り口での入退室管理など建物全体の防犯システム

3. エアトランク(法人向け)

URL:https://www.air-trunk.net/corporate_service?corporate_flg=1

■ 運搬・保管・廃棄

  • ・運搬から保管、廃棄まで一括対応
  • ・預けた荷物を専用サイトから閲覧可(1アイテムごとの写真で一覧掲載)
  • ・法人限定で、不要になった書類の溶解処分代行サービスを対応
  • ・処分後、溶解証明書を発行し、登録住所に郵送
  • ・処分は提携の処分業者を通して対応

■一括サポート

  • ・預けた荷物は、支店や店舗など、希望先へ配達依頼可能(沖縄、離島は配送不可)

■その他

  • ・ユニフォームや備品のクリーニングサービスあり
  • ・保管や配送まで手配できるゴルフバック専用サービスあり

4.押入れ産業

URL:https://www.oshiire.co.jp/scene/office/p07/?gclid=Cj0KCQiAubmPBhCyARIsAJWNpiOaMt2x_jhorqe28RSBzhAnpKTQKHimLp6YA_7ZR_aTkwLju3S3xY4aAl2fEALw_wcB

■ 運搬・保管・廃棄

  • ・運搬から保管、廃棄まで一括対応

■セキュリティ

  • ・有人管理
  • ・セキュリティを完備した倉庫内のコンテナで管理
  • ・防塵・防カビに優れた専用のコンテナで管理。29年以上トラブルなし

自社に合うサービスの検討を

荷物保管サービス運搬から保管、廃棄まで一括で対応したり、付帯サービスとしてクリーニングサービスなどを行っていたりと、サービスは多種多様です。またセキュリティ面に関しても、それぞれのサービスで差があり、セキュリティシステムを導入しているもの、有人対応しているものなどがありました。

荷物保管サービスの活用例として、年に数回開催している展示会で使用する販促物の保管や、全国に店舗を持つ会社が必要に応じて引き取り・配達を行う拠点として活用することなどが挙げられます。自社で荷物保管サービスの利用を検討する際には、ご紹介したポイントを参考に検討してみてください。

カテゴリー: お役立ち情報
トランクルーム、レンタル倉庫をお探しなら | 配送してくれる保管サービス、ストックマモル(Stock MAMORU)