ウイルス対策

【ウイルス対策】

コンピューターにおけるウイルスとは、不正で有害な行為をするために作られたソフトウェアやコードであるマルウェアの一種で、コンピューターに侵入して、システムやソフトを壊すものを指します。

ウイルスに感染したコンピューターの被害は、当然ながらそのウイルスの種類によって異なりますが、保管していたファイルを破壊するものから身に覚えのないメールが勝手に送信されてしまうものまで様々です。更に恐ろしいことに、一度ウイルスに感染してしまったコンピューターを使い続けると、インターネットを通じて他のコンピューターにも被害が及んだり、外付けのハードディスクにも不具合が生じたりとその被害が次々と広がっていくことです。

 

そのため、コンピューターをウイルス感染から防ぐための対策が必要不可欠です。

 

対策方法として、ウイルス対策ソフトを使用することは必須です。更に、絶えず新しいウイルスが生み出されているため、常に最新のウイルス対策ソフトにアップデートしておくことも重要です。

また、ウイルス対策ソフトは、その機能を自動的にアップデートする機能が付いているものも多いため、そういったソフトを使用すると安全かつ便利と言えます。

その他にも、メールで送られてきた添付ファイルやダウンロードをしたファイルはウイルスが仕掛けられている場合が多いため、定期的にウイルス検査をすることが必要です。

トランクルーム、レンタル倉庫をお探しなら | 配送してくれる保管サービス、ストックマモル(Stock MAMORU)