アウトソーシング

【アウトソーシング】

アウトソーシングとは、企業が自社で行う業務を外部の業者へ委託することを表します。

自社で行わなければならない業務について専門的な知識を持つ人間がいない場合でも、外部の専門業者に仕事を依頼することでクオリティの高い業務をこなすことができます。このようにアウトソーシングの導入は、その業務に必要な人材を新たに雇ったり社内で育成したりする必要がないため、業務の時間短縮・育成コストの削減につながります。

アウトソーシングの利用は、これまで自社では対応しきれなかった業務を遂行することを可能にするため、会社が実現できるサービスの拡大に一役買うことが期待されています。

 

アウトソーシングの請け負い手は、アウトソーサーと呼ばれ、特に情報技術面で専門的な分野に特化したアウトソーサーが増えています。しかし、専門的な知識や技術を持ったアウトソーサーに業務を委託するにあたり、社外の人間に業務に必要な情報を共有するため、情報漏洩のリスクも伴います。また

、アウトソーサーとの情報共有の欠如により、場合によっては品質管理や進歩管理といったものが難しくなったりするといったデメリットも懸念されています。

トランクルーム、レンタル倉庫をお探しなら | 配送してくれる保管サービス、ストックマモル(Stock MAMORU)