Pマーク

【プライバシーマーク(Pマーク)】

1998年から運用が始まったプライバシーマークは、個人情報保護についての登録商標のことです。一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)によって使用が認められるプライバシーマークは、Pマークとして表示されることもあります。

 

プライバシーマークを持つことで、企業が社会に対して「自社は個人情報を安全に扱っています」ということ表明する目的があります。

 

プライバシーマークの取得には、JIS Q 15001「個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」(平成18年5月20日改正)に沿って、個人情報保護に関して一定の規定を満たしている必要があります。それに伴い必要な書類作成や従業員教育、現地審査が義務付けられているため、取得までには時間がかかります。加えて、取得後は2年ごとに更新を続ける必要もあります。

トランクルーム、レンタル倉庫をお探しなら | 配送してくれる保管サービス、ストックマモル(Stock MAMORU)