フリーアドレス制

【フリーアドレス制】

フリーアドレス制とは、オフィスで社員が専用のデスクを持たずに、空いている席を自由に選択することができる制度のことです。実際にIT企業やベンチャー企業では、既にフリーアドレス制の導入が行われているところも増えています。

 

デスクを特定すると、周りに座る社員も固定されてしまうため、業務がマンネリ化することや、席の離れた社員とのコミュニケーションレスに繋がります。しかし、フリーアドレス制を導入することで仕事上では関わりの少ない社員同士の交流や、部署を越えてのコミュニケーションが活発になります。更に作業が滞った際に席を替えることで気分転換もしやすいため、業務の質が向上することにも繋がります。

また、外回りの多い職場では、社員全員分のデスクを常設する必要がなくなるため、専用デスクを設置する費用・スペースの削減になるというメリットもあります。

 

反対にフリーアドレス制は、自分のデスクに常備しておきたい書類や資料を個人ロッカーにしまわなければいけないため、手間がかかるというデメリットがあります。また、ワイヤレス化されたオフィスでなければインターネットの使用が難しい場合もあることを考慮することが必要です。

トランクルーム、レンタル倉庫をお探しなら | 配送してくれる保管サービス、ストックマモル(Stock MAMORU)