CSR

【CSR(Corporate Social responsibility)】

CSR(Corporate Social responsibility)とは、企業の社会的責任のことです。

企業は、法令に遵守しながら会社として利益を追求することだけでなく、企業の活動が社会へ与える影響にも責任を持ち、ステークホルダー(直接・間接的利害関係のある者)である消費者や従業員、株主、仕入先などと良好な関係を築きながらも彼らの要求に応え、信頼を得るために努めるべき責任があるという企業のあり方を表しています。

 

日本では、CSRとは利益を目的としない慈善活動やボランティア活動などを意味すると謝った認識をされている場合が度々あります。しかし、そのような活動の根底には、企業の認知度や高感度アップによる業績向上が見込まれるため、利益の追求をしていると判断されます。

 

本来のCRSの意義とは、社会的な課題がある場合に、それぞれの企業が独自の強みを生かしてその課題を解決するために努力し、ビジネスとして社会と企業の双方に利益をもたらすことを指します。

トランクルーム、レンタル倉庫をお探しなら | 配送してくれる保管サービス、ストックマモル(Stock MAMORU)