暗号化

【暗号化】

暗号化とは、ネットワーク上で文書や画像などのデータを送受信する際に、その過程で第三者に情報が盗難されたり改ざんされたりすることを防ぐために、そのデータを変換することを言います。データを第三者がわからないように変換することを暗号化というのに対し、暗号化されたデータをもとに戻すことを復号化と言います。

 

暗号化には、公開鍵暗号と秘密鍵暗号という2種類の「鍵」を使用することが多く、その鍵によって安全性を維持しています。

 

①公開鍵暗号

暗号化に使用される鍵と復号化に使用される鍵の2種類があります。暗号化に使用する鍵は、一般公開されるため公開鍵と言われ、復号化に使用する鍵は、第三者に知られないように管理する必要があるため、秘密鍵と呼ばれます。どちらの鍵もそれぞれの用途にしか使うことができず、鍵をかけた側であっても簡単に復号化をすることはできせん。

 

②秘密鍵暗号

公開鍵暗号が一般化されるまでは、秘密鍵暗号という手法が広く知られていました。秘密鍵暗号は、暗号化と復号化に同じ鍵を使用するため、送り主と受け取り主が共通の鍵を持つ必要があります。したがって、送り主は、該当するデータを送信する前に、秘密鍵を情報の受け取り主に共有しなければなりません。

トランクルーム、レンタル倉庫をお探しなら | 配送してくれる保管サービス、ストックマモル(Stock MAMORU)