お役立ち情報

【保存版】人事担当者の情報収集に最適!人事メディアおすすめ25選を紹介


hrmedia00

人事担当者は担当する業務が幅広く、求められる知識も膨大になります。採用手法はどんどん進化していき、トレンドも移り変わるため、人事担当者に情報収集は欠かせません。そこで今回は人事担当者必見のHR系ウェブサイト25選をご紹介します。

※「まもりの種」は保護(まもる)くんの日本パープルが運営しております。

1.日本の人事部:人事・経営の専門家によるコラム・セミナー情報など内容充実

hrmedia01

運営会社:株式会社アイ・キュー
URL:https://jinjibu.jp/

人事や経営の専門家による最新コラムやセミナー情報、話題のキーワード、Q&Aに至るまで、充実した内容の人事ポータルサイトです。

2.BizHint(ビズヒント):専門家のコラムや製品情報も掲載

hrmedia02

運営会社:株式会社ビズリーチ
URL:https://bizhint.jp/

専門家のコラムからイベントリポートまで、人事部に関する詳しい情報を届ける人事キュレーションサイトです。課題解決の助けとなる製品情報も提供しています。

3.リクルートワークス研究所:調査やレポートで日本の採用動向を把握できる

hrmedia03

運営会社:株式会社リクルートホールディングス
URL:http://www.works-i.com/

定期的な採用市場の調査や人事採用に関する最新のレポートにより、日本のマクロな採用動向を把握できます。

4.人事のミカタ:採用や雇用に関するアンケート調査にも注目

hrmedia04

運営会社:エン・ジャパン株式会社
URL:https://partners.en-japan.com/

採用や働き方に関する情報を中心に役立つ情報を届けてくれる「人事のミカタ」。採用や雇用に関する定期的なアンケート調査なども必見です。

5.HR NOTE:採用・労務・組織開発などに関する情報を網羅

hrmedia05

運営会社:株式会社ネオキャリア
URL:https://hcm-jinjer.com/media/

採用、労務、組織開発など、人事が押さえておくべき情報を網羅するニュースサイト。編集部のコンテンツは興味深いものばかりです。

6.HRプロ:日本のHR業界最大級!セミナー情報の閲覧・資料のDL可

hrmedia06

運営会社:ProFuture株式会社
URL:https://www.hrpro.co.jp/

日本のHR業界では最大級のポータルサイト。キーパーソンによるインタビュー記事やコラムの他、人事各社のセミナー情報の閲覧や資料のダウンロードが可能です。

7.HRog:採用のトレンド・イベントリポート・インタビューなどを掲載

hrmedia07

運営会社:株式会社ゴーリスト
URL:https://hrog.net/

採用の最新トレンドやイベントリポート、インタビュー記事などが充実しているHRメディア。

8.新卒採用サポネット:最新の新卒採用情報で学生の動向もわかる

hrmedia08

運営会社:株式会社 マイナビ
URL:https://saponet.mynavi.jp/

最新の新卒採用情報を提供しており、アンケート調査などにより学生の動向を知ることができる。

9.an report(アン レポート):アルバイト・パートタイム採用の情報が満載

hrmedia09

運営会社:パーソルキャリア株式会社
URL:https://weban.jp/contents/an_report/

アルバイトやパートタイムの採用に関する情報が満載。採用トレンドや調査データの閲覧もできます。

10.jin-jour(ジンジュール):人事に関する法的な解説・ブックレビューあり

hrmedia10

運営会社:一般財団法人労務行政研究所
URL:https://www.rosei.jp/jinjour/

人事に関する法的な解説を中心に人事戦略などの記事も掲載。ブックレビューも。

11.HR review:中小企業向けの情報を紹介しておりインタビューも多い

hrmedia11

運営会社:株式会社ビズリーチ
URL:https://www.hrreview.jp/

中小企業向けに人材獲得競争に勝つための最新のトレンドを紹介。インタビューが多く、現場の事例を探すのにぴったり。

12.ダイレクト・ソーシング ジャーナル:ダイレクト・ソーシングを中心に情報を提供

hrmedia12

運営会社:パーソルキャリア株式会社
URL:https://www.dodadsj.com/

攻めの採用手法「ダイレクト・ソーシング」を中心に、最新の採用・人事トレンドを提供。セミナー記事やインタビュー記事は現場の事例が満載です。

13.就職ジャーナル:新卒学生の悩みを知ることができる

hrmedia13

運営会社:株式会社リクルートキャリア
URL:https://journal.rikunabi.com/

新卒学生向けのウェブサイト。新卒学生の悩みなどがわかります。

14.労政時報:有料会員登録で最新調査データや人事制度の情報が得られる

hrmedia14

運営会社:株式会社労務行政
URL:https://www.rosei.jp/readers/login.php

閲覧には有料会員登録が必要となりますが、最新の調査データや人事制度についての情報を得られるサイトです。

15.@人事:社労士のコラムやイベント情報・会員限定デジタルライブラリーあり

hrmedia15

運営会社:株式会社イーディアス
URL:https://at-jinji.jp/

社労士によるコラムやイベント情報を掲載。人事の様々な悩みの解決に役立つ会員限定のデジタルライブラリーも。

16.人事Gate(人事ゲート):書類のテンプレートや人事関連制度の解説も提供

hrmedia16

運営会社:株式会社アイル/株式会社ブレインコンサルティングオフィス
URL:http://jinjigate.jp/

人事労務管理に関する幅広い情報を提供。便利な書類のテンプレートや人事関連制度の丁寧な解説も。

17.みん就(みんなの就職活動日記) :新卒学生の就職動向・本音がわかる

hrmedia17

運営会社:楽天株式会社
URL:https://www.nikki.ne.jp/

新卒学生の就職動向や本音を垣間見ることができる口コミサイト。

18.転職会議:会員数500万人以上!組織改善や人事戦略策定に使えるサイト

hrmedia18

運営会社:株式会社リブセンス
URL:https://jobtalk.jp/

会員数500万人以上を誇る口コミサイト。転職者の本音を知って組織改善に、ライバル各社の情報を知って人事戦略の策定に、幅広く利用できます。

19.Vorkers:企業の雇用環境に関する情報を得られる口コミサイト

hrmedia19

運営会社:株式会社ヴォーカーズ
URL:https://www.vorkers.com/

企業の雇用環境について幅広い情報を知ることができる口コミサイト。成功報酬型の採用サービスも提供しています。

20.カイシャの評判:転職者の本音を調べられる日本最大級の口コミサイト

hrmedia20

運営会社:エン・ジャパン株式会社
URL:https://en-hyouban.com/

日本最大級の口コミ情報サイト。転職者たちの本音を知り、組織改善に活かしましょう。

21.日本経済新聞:異動情報などの確認に使える

hrmedia21

運営会社:株式会社日本経済新聞社
URL:https://www.nikkei.com/

いわずもがなビジネス系の大手新聞です。異動情報などを確認するときに重宝します。

22.キャリコネニュース:実用的な情報からディープな情報まで人事情報を発信

hrmedia22

運営会社:株式会社グローバルウェイ
URL:https://news.careerconnection.jp/

実用的な情報からディープな情報まで幅広く人事情報を提供しています。

23.モチベーションクラウド:有名企業担当者のインタビュー記事が読める

hrmedia23

運営会社:株式会社リンクアンドモチベーション
URL:https://www.motivation-cloud.com/hr2048/

組織や経営、人事、マネジメントなどをテーマに、有名企業担当者のインタビュー記事を掲載。

24.経営ハッカー:中小零細企業の経営者や個人事業主向けに会計・税務の情報を中心に提供

hrmedia24

運営会社:freee株式会社
URL:https://keiei.freee.co.jp/

中小零細企業の経営者や個人事業主向けに主に会計や税務に関するお役立ち情報を提供するメディア。

25.BIZ KARTE(ビズカルテ):会計や税務に関する情報・著名個人事業主へのインタビューあり

hrmedia25

運営会社:株式会社マネーフォワード
URL:https://biz.moneyforward.com/blog/

経営ハッカーと同様に、会計や税務に関する情報を提供。著名な個人事業主へのインタビュー記事なども掲載している。

様々な人事メディアを使い分けて効率的な情報収集を行う

今回は人事関連の有用な情報を届ける便利な人事メディアについてご紹介しました。人事メディアは非常に多く存在していますが、それぞれ得意分野があります。シチュエーションによって使い分けるなどして、効率的な情報収集を行っていきましょう。