自宅の荷物が多くてワークスペースが作れない方必見!荷物は数百円で預ける時代へ


テレワークを導入する企業が増えているのと同時に、自宅で「ワークスペース」を確保するのに苦労する人も増えています。やむを得ず、ダイニングテーブルにノートPCを置いて仕事をしたり、突貫で作った仮設スペースで仕事をしたりしている人も多いでしょう。ですが、しっかりとしたワークスペースがないと作業効率も上がりません。

今回は、作業がはかどるワークスペースの条件や、理想のワークスペースの作り方などを解説していきます。

ワークスペースの定義とは?

ワークスペースとは、仕事や作業をするための専用スペースのこと。仕事専用のスペースと言うと、「書斎」をイメージする方が多いかもしれませんが、必ずしも独立した空間である必要はなく、仕事に必要なパソコンや周辺機器、書類などを置ける場所なら個室でなくても構いません。

テレワークのために、ダイニングテーブルやリビングのソファで仕事をしている方も多いようですが、このような場所は仕事をするための専用スペースではないので、ワークスペースとは言えません。

仕事がはかどるワークスペースの条件

繰り返しになりますが、ワークスペースは「仕事をするためのスペース」です。ということは、理想のワークスペースは、「仕事がはかどる空間」である必要があります。では、仕事の生産性を高めてくれるワークスペースを作るにはどうしたらいいでしょうか? 重要な3つのポイントについてご説明します。

条件01:狭めの空間がGOOD!

「狭い空間にいると落ち着く」という意見に共感できる人は多いでしょう。実際に、私たち人間には「狭い場所は周囲から攻撃されにくいので安心する」という本能があるようです。仕事をする場合も、広い空間より狭い空間のほうが作業効率が高まると言われます。

ワークスペースを作るときは、子どもの頃に作った「秘密基地」をイメージしてみましょう。極端な話、ワークスペースはデスクとイスを置けるだけの広さがあれば作ることができます。むしろ、そのくらいの狭いスペースのほうが、集中力が高まり作業に没頭できるものです。

条件02:できるだけものは少なく!

仕事をスピーディーに進めていくには「集中力」が大事ですが、私たちは余計なものが視界に入ると集中力が低下してしまいます。その意味で、ワークスペースにはできるだけものを置かないようにするのが正解です。ワークスペースに置くのは、仕事に必要な最小限のものだけ。仕事に関係のないものをあれこれ置くのはおすすめできません。

なお、仕事に使うものは、ちょっと手を伸ばせば届く範囲にあると便利です。ヘッドセットなどパソコンの周辺機器、資料などの書類やファイル、筆記用具などは、必要なときにサッと取り出せる場所に配置しましょう。棚や収納を置けない場合は壁面を活用するのがおすすめ。デスクの上もすっきりして一石二鳥です。

条件03:生活空間と仕切られていること!

ワークスペースとして使える専用の部屋があれば理想的ですが、誰もが自分の部屋を持っているわけではありません。そうなると、家族と共用する部屋の一角にワークスペースを設けることになります。もっとも多いのが、リビング(LDK)の一角をワークスペースにするパターンです。

このように、個室ではない場所にワークスペースを作るときは、「仕切り」を設けることが重要です。仕切りがなく生活空間とひと続きになっていると、どうしても気が散りやすく仕事がはかどりません。特に、リビングには誘惑が多く、「ちょっとテレビでも見ようかな」「少しソファで横になろうかな」「アイスが食べたくなってきたな」など、周囲にあるものに気を取られがちです。

これでは生産性は上がりませんので、オープンラックやパーテーション、目隠しカーテンなどを使って物理的な仕切りを設けましょう。生活空間との境界ができることで、「仕事モード」への切り替えもしやすくなります。

理想のワークスペース作りは荷物の整理から!

既存の間取りのなかにワークスペースを設けるためには、多くの場合、荷物をどかしたり片付けたりする必要があります。しかし、都合よく収納スペースが空いているご家庭はそれほど多くはないでしょう。荷物を片付ける場所に困ったとき、利用したいのがトランクルームです。

荷物を預けるときも取り出すときも、自宅まで来てくれる「宅配型トランクルーム」として人気の「AZUKEL」についてご紹介します。

荷物の預け入れ・取り出しが楽ちん!

宅配型トランクルーム「AZUKEL」は、荷物を預けたいときも、荷物を取り出したいときも、スタッフが自宅まで来てくれます。重い荷物・大きい荷物を自分で持ち運ぶ必要はありませんし、取り出したいときは1点から届けてもらえます。荷物の出し入れも管理もスマホ1つで完結するので楽ちんです。

月額400円〜荷物を預けられる!

「AZUKEL」の保管料金は月額400円から。敷金・礼金・手数料などの初期費用は一切かかりませんし、預け入れ時の配送料は何度でも無料です。良心価格なので気軽に荷物を預けられます。

万全のセキュリティ管理だから安心!

「AZUKEL」のトランクルームは、有人管理・機械警備・監視カメラによる24時間管理です。最新のセキュリティシステムを導入しているので、大切な荷物も安心して預けられます。

宅配型トランクルーム「AZUKEL」についてもっと知りたいという方は、以下のサービスページをご覧ください。
◎ 宅配してくれるトランクルーム|AZUKEL(アズケル)

テレワークには「仕事がはかどるワークスペース」が必須!

新型コロナウイルスの感染拡大防止のために急速に普及したテレワークですが、本来の目的は、多様な働き方の一つとして生産性を高めることです。「家だと仕事に集中できない・・・」という方は、ワークスペースを見直すことから始めてみませんか?

荷物が多くてスペースを確保できないのであれば、ぜひ、トランクルームを活用しましょう。たとえば、冬しか使わない暖房器具や加湿器、子どもが昔使っていたおもちゃや衣類、書籍や漫画、捨てるに捨てられない頂き物など、意外と預けられるものはたくさんあります。荷物が減って家のなかがスッキリすれば、理想のワークスペースを作るのは簡単です。

Smart保護くん


トランクルーム、レンタル倉庫をお探しなら | 配送してくれる保管サービス、ストックマモル(Stock MAMORU)