情報セキュリティ
教育研修

40年以上の文書管理実績をもつ当社が
社内文書における情報漏えい対策をサポート

下記のようなお悩み解決の
お手伝いをさせていただきます。

  • 講義中心の一方的な研修になっており、 他テーマと比較して満足度が低い

  • 例年、自社社員が他業務との
    兼務で講師を行っており、専門性に乏しい

  • 一般的な研修内容となっており、 実務と直結した内容になっていない

  • 最新情報をふまえた内容になっておらず、例年と内容が変わり映えしない

  • 重要なテーマにも関わらず、
    研修後の徹底や定着が図れていない

3つの階層別メニュー

対象者に合わせ
目的を設定し研修を実施

  • 新戦力
    (新人・内定者・中途)

    新人や内定者は、情報セキュリティの重要性を認識していないケースが多く、また中途社員は、前職で受けた教育にバラツキがあるケースがあります

  • マネジメント
    (新任管理職・部門長)

    新任管理者は自組織を束ねる上で、部門長は社内外を含めた経営的視点で、情報漏えいのリスクを日々マネジメントする必要があります

  • 全社
    (部門横断・組織風土)

    一定の対象層ではなく、チームや部門を超えた全社レベルでの情報セキュリティ意識の醸成を行い、組織の風土として根ざしていくことが重要です

特徴
『4つの方向性でカスタマイズ』

  • 1. “お客様の課題”に合わせたカスタマイズ

    情報セキュリティの課題は、お客様の業界・規模等に応じて様々です。当社は、事前ヒアリングを元にしたオリジナルケーススタディを通じて、お客様固有の課題に合わせた研修をご提供します。

  • 2.“セキュリティポリシー”に合わせたカスタマイズ

    企業毎のセキュリティポリシーが存在します。当社は、一般的な内容に加え、ご要望に応じて、研修内でお客様のセキュリティポリシーを研修内容に反映します。

  • 3.“最新トピック”をおり交ぜたカスタマイズ

    変化の激しい今の時代、情報セキュリティの課題は刻々と変化しています。最新トピックを交えた研修をタイムリーにご提供します。

  • 4.他テーマをふまえた “研修時間”のカスタマイズ

    企業によって研修テーマは多岐にわたります。他のテーマをふまえ、柔軟に研修時間を設計(2時間~1日)します。

実際のカリキュラムイメージ

(例)新入社員対象『半日コース』(9:00〜12:00)

9:00〜
はじめに 研修のねらい
9:10~
情報セキュリティ/個人情報理解度チェック&解説
9:40~
自社版ケーススタディ『あなたならどうする?あるAさんの一日』
11:00~
今の時代の情報セキュリティと経営へのインパクト
11:20~
自社の情報セキュリティポリシーと徹底事項
11:30〜
明日から実践すること まとめ 【12時終了】

最適な教育研修をご提案します。
まずはご相談ください

業務支援・効率化サービス一覧