導入事例

株式会社H&feel

健康第一のオーガニック素材に求められる厳しい管理基準、万全な温度・湿度管理で製品を守る「ストックマモル」の保管サービス

薬品を使わないオーガニックサロンを経営

今回はストックマモル(Stock MAMORU)をご利用いただいている、東京都八王子市のオーガニックサロン「IK(アイケイ)」を経営する株式会社H&feelの代表・酒井智章様にインタビューを行いました。

株式会社H&feelは、薬品を使用しない美容サロンを展開しています。一般的なサロンではヘアカラー、パーマ、縮毛矯正の施術時に薬品を使用しますが、株式会社H&feelのサロンでは植物由来の物を使った施術を行っています。頭皮や髪質だけでなく、健康面を第一に考えているお客様に多くご利用いただいています。

美容に関連するデリケートな商材を扱う株式会社H&feel様が、なぜストックマモルのサービスを選んだのか。その経緯についてお話を伺いました。

企業名

株式会社H&feel

URL

代表 酒井 智章様

導入商品・サービス

  • 物品保管サービス ストックマモル (Stock MAMORU)

植物由来の商材保管先、温度・湿度管理が整った保管環境を探していた

――サービスをご検討いただくきっかけなどございましたらお聞かせください。それまで発生していた問題点や課題をお聞かせください。

施術に使う商材は植物由来のもので、植物を乾燥させて粉状にして、真空パックにした状態にしています。品質を維持するにあたり、高温多湿と冷える場所は避けなければならず、保管環境として気温管理、室温管理、湿度管理などが整っている場所を探していました。

当初はマンションや店舗の一室を借りて、そこを保管場所にしようと考えていたのですが、

その場合、製品を山積みにして長時間冷暖房機器を使用しているとコストが膨らみますよね。そのため自分たちで管理するより業者に一括して管理してもらおうと考えましたが、一般的なトランクルームや倉庫だと温度管理がされていない。そこで温度や湿度管理がされた空間で預かっていただけるストックマモルにご相談させていただきました。ストックマモルは保管環境が整っていて安心できます。

また、保管環境の問題だけでなく保管に伴う様々な作業の問題もありました。製品の出し入れの際には毎回保管場所に出向く手間があります。私たちの商材は輸入品が中心なのですが、配送業者による搬入時に立ち合いが必要になります。そしてさらに搬入した後も室内で整理する作業もあります。一度に何百キロという量になってくるので、時間も空けなければいけませんし、一人で行うのは大変なので人を雇う必要も出てきます。

ストックマモルのサービスを使えば、保管場所にストックマモルのスタッフが待機していますので、荷物も運んで中に入れて整理してくれます。また、必要な時にこちらからリクエストすれば、必要な商材を実店舗に運んでくれるので出向く必要もありません。時間もコストも大きくカットできるため、非常に助かっています。

費用面の負担が少ないのが、ストックマモルを選んだ一番の決め手

――サービスを導入するに至った決め手をお聞かせください。

当店のスタッフにサービス選びを任せていました。そのスタッフから2つくらい候補が出てきたのですが、費用面で最終的にストックマモルが一番良いという結論に至りました。

例えばマンションなら賃料が月に何万円かかりますよね。ストックマモルは少量であれば月1万円前後で預かってくれますので、費用面で非常に助かっています。

預けている商品を写真で確認、在庫状況をタイムリーに管理

――サービスご利用後のご感想や導入効果をお聞かせください。

コストも確かに重要な問題でしたが、一度預かっていただいた商品をリモートから写真で見られるのも非常に安心感があります。

まったく分からない状態で預けているよりも、預けられている状態がわかるのが良いですね。在庫状況がタイムリーに確認できるので管理がしやすいですよね。

ストックマモルへの要望としては、配送依頼をかけるたびに、在庫の個数が減っていくのを目視で確認できるようになると、よりわかりやすいと思います。配送依頼をかけたとき、「1個」をお願いしようと「1」を入力すると、同じ商品の在庫が全部来てしまうのではないかと不安に思うことがあるためです。

株式会社NAKARAI様取り扱い商品
商品名・・・左からメッキング・ミガキング・サビトリキング

お客様にくつろいでもらえる空間づくりを目指す

――貴社での今後のお取組み等ございましたらお聞かせください。

ただいま店舗を拡張中です。テナントの壁を破って、プラス2店舗分広げようとしているところです。

当サロンは「くつろいでいただける空間づくり」というのを目標にしています。内装デザインなど色々調整をしているところですが、店舗拡張に合わせ、お客様によりくつろいでいただける空間づくりにチャレンジしていきたいと思います。