お役立ち情報

働き方改革と健康経営を両立!? 日立システムズのオフィス「Connect SMILE∞ LABO」に行ってきた


Connect SMILE∞ LABO
「働き方改革」に早くから取り組んでいた株式会社日立システムズ(以下、日立システムズ)。これまで、フリーアドレスなどのオフィス改革、モバイル機器などワークスタイル改革のためのICTツールの導入、環境整備を実施してきました。

「健康経営」についても、幹部に向けた健康経営セミナーを実施し、従業員にとって働きやすい環境を常に考えてきた同社。2018年11月に「働き方改革」や「健康経営」の推進を目的とした「Connect SMILE∞ LABO(コネクトスマイルラボ)」をオープンしています。

「働き方改革」と「健康経営」を制度というソフト面だけでなく、設備というハード面から推進する日立システムズですが、実際にどのような取り組みを行っているのでしょうか。今回は具体的な取り組み内容について、導入目的や、実際に表れた効果などを紹介します。

○阿部由里子氏
株式会社日立システムズ 産業・流通システムサービス事業グループ ビジネスサービス統括本部 「Connect SMILE∞ LABO」コンシェルジュ

○早川正昭氏
株式会社日立システムズ 産業・流通インフラサービス事業部 第三インフラサービス本部 本部長

※「まもりの種」は保護(まもる)くんの日本パープルが運営しております。

「働き方改革」と「健康経営」を推進する「Connect SMILE∞ LABO」

Connect SMILE∞ LABOの働き方改革と健康経営

―:「Connect SMILE∞ LABO」の由来を教えてください。

阿部氏:あらゆるものをつなぐ実験の場という意味があります。ネームの中にあるSMILE∞は企業活動の「健康経営」「働き方改革」「ダイバーシティ」を推進するうえで関係する「Smart」「Mindset」「Innovation」「Liveliness」「Efficiency」の頭文字を取って名付けました。SMILEには「笑顔」という意味もありますが、「従業員一人ひとりが笑顔で仕事ができるように」という想いも込められています。

―:どのような目的でラボをつくったのでしょうか。

早川氏:ラボの目的は大きく分けて2つあります。1つは「働き方改革」と「健康経営」の推進です。ただの打ち合わせスペースではなく、心地よく仕事ができる環境を整備しています。2つ目は弊社やパートナー企業の製品を設置し、従業員の利用を通じてさまざまなデータを蓄積することです。実際に「こういうところが使いやすかった、使いにくかった」というデータを定量・定性問わず収集し、組み合わせています。

―:「Connect SMILE∞ LABO」はどれくらいの方が利用しているのでしょうか。

早川氏:弊社以上に整備されているワークスペースを提供している企業は数多くありますが、弊社が特徴的なのは、従業員の利用率です。私も有名企業のワークスペースをいくつか見学させてもらいましたが、明らかに弊社よりキレイなところがたくさんありました。しかし、あまり利用されている雰囲気はありませんでした。弊社の利用率は100%を超える時があり、満席でもカウンターなどのスペースを活用して打合せを行っているのを見かけます。思った以上の利用率でした。

―:オフィスが溢れかえるほど社員の方が利用されているんですね。利用率が100%を超えた理由はなんだと思われますか。

早川氏:社員により「Connect SMILE∞ LABO」が運営されている、そこがポイントなのではないかと思います。実は、従業員がコンシェルジュとして常駐し、運営している企業様が意外と少ないんです。従業員をコンシェルジュとして起用することで、利用しやすい点、しにくい点、時には改善案なども含めて気軽に会話できる環境・運営体制が理由なのだと思います。

会議を課金制にすることで生産性が向上

課金性会議

―:会議室にモニタリングシステムが設置されているということですが、どのような仕組みなのでしょうか。

早川氏:会議スペースの席の下に、人に反応するセンサーがついているんです。パソコンから専用ページを確認すると、人が座っている席には色がつくので、今誰かが座っているかどうかがわかる。そうすると、自分がどこにいてもリアルタイムで利用状況が確認できるようになります。

―:どのように予約するのですか。

阿部氏:予約を管理するシステムが導入されている会議室もありますが、「Connect SMILE∞ LABO」のスペースはリフレッシュを兼ねているため、あえて予約を受け付けない運用にしています。インタラクティブホワイトボード(電子黒板)などの機器を利用して会議を行うときは“課金制”の会議室で行っています。

早川氏:社内で課金をする理由は、会議をだらだらとやらないためです。会議室を使うたびに課金すれば、お金をできるだけかけたくないので、効率的な会議を心掛けるようになります。

―:一定以上の時間を超えるとどうなるのでしょうか。

阿部氏:超えた分も含めて利用料が課金されます。

早川氏:それがもったいないなと思うので、なるべく効率的に、かつ活発に議論し、短時間で会議を終わらせるようになりました。また、ちょっとした内容であれば会議室を使用せずに打ち合わせをします。要件だけ済ませたいのであれば、社内で導入しているコミュニケーションツールを繋いで会議をはじめてしまうことも。

―:無駄な会議がなくなるということですね。

阿部氏:課金制にすることで、本当に必要な会議だけに厳選されるようになり、会議のための資料作りや移動にかける時間を削減できる。本当に集まる意味のある会議だけをやることで会議の目的も明確になるし、時間を有意義に使えるため、生産性を向上させることができます。

早川氏:広島や大阪、名古屋、仙台などの支社・支店のメンバーと会議をする場合、本社に集めたらメンバーの仕事が止まってしまいます。その点についてもテレビ・Web会議のほうが効率的です。

ラボに設置されている機器でストレスチェックのデータを蓄積し、産業医と連携

Connect SMILE∞ LABOまとめ

―:健康経営の点では、どのような取り組みを行っていますか。

早川氏:まずは、東京大学で検証された技術を活用している「音声こころ分析サービス」という取り組みです。声を出すときの声帯の固さを見て、ストレス状態を図っています。俳優のように、状況に応じて声帯を変えることができる方を除き、ほとんど確実に当たります。

―:他社でも同じように健康状態を計測するアプリが提供されていますが、「音声こころ分析サービス」はどこが違うのでしょうか。

早川氏:音声こころ分析サービスはストレスチェックだけで終わるのではなく、ストレスチェックの分析結果をデータセンターに蓄積しています。一日ずつ記録していき、大きな変化が出たときには身体に大きく影響を及ぼすストレスが掛かっていると判断します。そのデータを弊社では産業医にも共有し、産業医が本人との面談を実施するなど、従業員の変化に応じた早めのケアを心がけています。

―:他にも取り組みはありますか。

早川氏:「疲労・ストレス測定システム」です。疲労科学研究所と組んで、指をセンサーに接触させてストレスチェックをするシステムを開発しました。このシステムの特徴は心電波と脈波の両方を見ている点です。疲労やストレスを測定する同様の仕組みは数多く存在しますが、どちらか一方でしか測定していないことが多いです。

このシステムも物理的に心電波と脈波の両方の動きを定期的に測り、サーバーに登録します。その変化を見て、疲労やストレスがたまっているか知ることができる仕組みです。

今後も「Connect SMILE∞ LABO」での「実験」は続く

―:今後「Connect SMILE∞ LABO」に導入する予定の製品やサービスはあるでしょうか。

阿部氏:弊社では新規事業をやるにあたって、「こういう製品を試してみたい」というような声を集めたいと思っています。事業部がいくつかあるのですが、それぞれの部署が商材を持っているので、まずはラボにトライアルで導入して、従業員に使ってもらう、というのを常に考えています。今後は社員アンケートやヒアリングなどを行って、例えば集中スペースや和室の導入など、ラボを進化させていこうという思いは常に持っています。

―:まさに働き方改革と健康経営の「実験室」というわけですね。本日は貴重なお話を教えていただき、ありがとうございました。

トランクルーム、レンタル倉庫をお探しなら | 配送してくれる保管サービス、ストックマモル(Stock MAMORU)

いいね!して更新情報をチェック